2017年12月11日月曜日

アドベント礼拝が始まっています。

YMCAあつぎ保育園ホサナ・日々の保育の様子から「アドベントの子ども達」

ホサナの幼児礼拝でもアドベント礼拝が始まっています。
♪ろうそくポン ろうそくポン あかりがついたら クリスマス♪
すでに2本目のろうそくに火がともっています。
アドベントはイエス様の誕生を待つ時です。
今年のホサナのクリスマス会は12月16日に開催します。
クリスマス会で子ども達が演じるページェント(降誕劇)の配役も決まり、
練習が始まっています。
みんなイエス様の誕生日のクリスマスを楽しみに毎日をすごしています。

 <園長 野澤ひらく>

2017年12月8日金曜日

イチョウの木に会いに、近隣の公園へ行きました。

YMCAあつぎ保育園ホサナ・日々の保育の様子から「アップル組の外遊び」

アップル(3歳児)組の子ども達が、イチョウの木に会いに、近隣の公園へ行きました。
冬を迎えたイチョウの木は、黄色く綺麗に色付いていました。
くるくる回る遊具では、子ども達が仲良く順番を決めて遊びました。
みんなでしっぽ取りゲームをして、走り回って遊びました。
<アップル組担任 沖山綾乃>

2017年12月6日水曜日

野外クッキングにチャレンジ!

厚木YMCA 
学童クラブ「あゆの学校」
~アウトドアキッズ「一斗缶でピザを焼いてみよう」 ご報告~

123日(日)、厚木YMCAでは「泉の森ふれあいキャンプ場」で野外クッキングを行いました。今回のプログラムは、『一斗缶でピザを焼いてみよう』と題し、一斗缶の中に網を渡してオーブンに見立てピザを焼きました。

ピザの具は、チーズ  ハム  ウィンナー  コーン  ピーマン  トマト  玉ねぎなど。これを子ども達と手分けして切りました。
今回は年長さんから参加出来ることになっていましたので、初めて包丁を握る子もいましたが、リーダーと一緒にゆっくりと材料を切り分けていきました。
具材の準備が出来ると、粉からピザの生地を捏ねて伸ばしていきました。アルミのお皿の上で一人分の生地を伸ばし、ピザソースを塗ると、その後は先程みんなで切り分けた具材を生地の上に好きなようにトッピングしていきました。


みんなでコネコネ

アート感覚で具材で絵を描く子、「好きなだけ好きなもの載せられるなんて、夢のピザだよね」とありったけの具を生地の上に山のように積み上げる子など、それぞれが満足するピザを作り上げ、一斗缶のオーブンの中に入れました。
これから具をのせます!
特性オリジナルピザの出来上がり
一斗缶のオーブンです。スープもあるよ!

 焼き上がりを待つ間に、リーダー達が作っておいた野菜スープで身体を温めました。「あったいね」「美味しいね」の声があがります。
そうこうしている間に第一弾のピザの焼き上がり。底が少し焦げた物や、山のように盛りすぎて 真ん中に熱が伝わらず玉ねぎが辛いままだったものもありましたが、それも野外料理の楽しさです。
いただきま~す
おいしいね! うん おいしいね!!

 最後はデザート。実は現地は森の中ということで枯れ葉がいっぱい。・・・ということで、急遽 さつまいもを追加購入して、生地を作っている頃から枯れ葉の中で焼き芋を作っていたのです。男の子達は枯れ葉を集めたり、たき火のそばでお手伝いをしていました。
われら やきいも隊

みんながピザを食べ上がる頃にたき火から出すと、ちょうど食べ頃に焼き上がり。美味しそうな黄色にホクホクあつあつの焼き芋にみんな大喜び。美味しく楽しく、みんなお腹いっぱいになるまで食べました。
 お片付けが終わると、みんなで枯れ葉いっぱいの広場で遊びました。多少の遊具もありましたが、枯れ葉だけで子ども達は遊べます。集めた枯れ葉をかけあったり、枯れ葉のベッドを作ったり、リーダーを中に埋めたり・・・最後までみんな笑顔いっぱいの一日になりました。
けんけんリーダー ピンチ!!

 今回 初めて会うお友だちもいましたが、みんなで協力し合い、普段出来ない体験をすることでたくさんの新しい発見ができたました。またたくさんのお友だちと、季節を感じられる野外に飛び出していきたいと思っています。

とっても楽しい一日でした! みんな仲間!!

(厚木YMCA  前田 享子)
 


2017年12月1日金曜日

12月のホサナだよりから

YMCAあつぎ保育園ホサナ・ホサナだよりから

いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ。
( ルカによる福音書2章14節 )
 野宿をしながら羊の番をする羊飼いのところに、ある晩、主の天使がやってきました。羊飼い達はどんなに驚き、恐れたことでしょう。当時、羊飼いという職業は身分の低い立場におかれていました。羊と共に定まった家も持たずさすらっていた人たちです。そんな孤独な人々の元に天使は現れ、「恐れるな。」と言い、「今日、ダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになった!」と告げました。羊飼いはこの不思議な出来事を知らせてくれた天使の歌声を聞きます。「いと高きところには栄光、神にあれ!地には平和、御心にかなう人にあれ!」。羊飼い達はどんなに励まされ、そして神さまに自分達が神さまの御心に適う者であると認められたことを喜んだことでしょう。ホサナの子どもたちが、来る12月16日(土)に「クリスマス会」で「聖誕劇(ページェント)」を演じます。子ども達が演じる姿を見ながら、皆さんとクリスマスの喜びを分かち合うことができたらと思います。
 11月には、バナナ組に3人の新しい園児を迎えました。これでホサナの園児は全部で72名になりました。季節はこれから厳しくなりますが、みんな元気にすごしていくことができますように。
 先月は七五三のお祝いをするご家庭もあったことと思います。ホサナでも、子ども達の成長を神さまに感謝する「幼児祝福礼拝」に、牧師の森先生に来て頂きました。ホサナの子ども達一人ひとりの名前を呼んで、神さまへの感謝のお祈りしてくださいました。幼児組の子ども達は、お芋掘りに出かけ、収穫により自然の恵みを実感してきました。神さまは、自然と等しく子ども達の成長を見守ってくださっています。

<園長 野澤ひらく>

2017年11月24日金曜日

厚木YMCAリーダー紹介~第3弾~

厚木YMCAリーダー紹介~第3弾~

厚木YMCA:健康教育部 リーダー紹介
さあリーダー紹介第3弾は。。。。サッカーリーダーです!!
しかも今回はなんと、3人一気に紹介しちゃいます!

リーダー名を教えてください!
わかめリーダーです!!

リーダー活動をやっていてよかったことややりがいは何ですか?
リーダー活動を通して子どもたちはもちろん、保護者の方々やリーダー、スタッフの方々など、YMCAでの活動によっていろんな人たちと出会えたこと、またその人たちとの関わりを通して自分の視野を広げられたことがよかったと思います。メンバーの子たちがいろんなことに挑戦したり、そのおかげでできなかったことができるようになったりと、日々成長していく姿をみることが自分のやりがいです!

YMCAリーダー活動のきっかけは何ですか?
高校時代にサッカーをやっていたことから、同じ大学の先輩にサッカーリーダーをやってみないかと誘っていただいたことがリーダー活動のきっかけです。

今後のYMCAリーダー活動の意気込みを教えてください!
11回の子どもたちとの関わりを大切にし、自分らしくやっていきたいです!

リーダー名を教えてください!
ハーフリーダーです。リーダー名の由来は日本とタイの両方を兼ね備えたハイブリッドだからです。笑

リーダー活動をやっていてよかったことややりがいは何ですか?
YMCAリーダー活動のきっかけは何ですか?
YMCAには自分が通っている大学の授業でのボランティア活動で最初はやってきました。元々スポーツを教えるのが好きだったことや、子ども達とのふれあい、変化などを実感することができスポーツを通じて子ども達に伝える事の魅力を感じました。それがきっかけで去年は実習生としてリーダー活動をしていましたが今年度から本格的にリーダーとして活動をし、子ども達にフットボールやスポーツの楽しさや魅力を伝えています。

今後のYMCAリーダー活動の意気込みを教えてください!
自分は子ども達にフットボールを指導する際に意識していることがあります。それは色々な経験をしていくジュニア世代の子ども達にとって自分はサッカーの楽しさや魅力を教えてくれる、感じさせてくれる初めての人である事を心がけています。これから就職活動や勉学、大学フットサルでの練習もあり中々忙しいと思いますがリーダー活動をこれからも頑張っていきます。

リーダー名を教えてください!
レオリーダーです!

リーダー活動をやっていてよかったことややりがいは何ですか?
YMCAで子どもたちやリーダーたちと話をすることで、どんな気持ちの時でも楽しくなります!自分の知らないこと、これからに必要なものを活動をしていくなかで、たくさん得られます。自分のためになる以上に、子どもたちと一緒に楽しめることが私にとって一番のやりがいです!

YMCAリーダー活動のきっかけは何ですか?
子どもたちと関わる活動をしたいなと思ってはじめました!

今後のYMCAリーダー活動の意気込みを教えてください!
わからないことや難しいことなど課題はたくさんありますが、自分なりに精一杯頑張っていきたいです!

みなさんも厚木YMCAで共に成長できる仲間となりませんか??随時リーダー募集しています!


(厚木YMCA 田中誠也) 



2017年11月20日月曜日

みんなで、神さまに「ありがとう」と感謝のお祈りをしました。

YMCAあつぎ保育園ホサナ・収穫感謝礼拝・クッキングのご報告

神様がわたしたちに必要なものをくださっていることに感謝して、幼児組と乳児組にわかれて、それぞれで収穫感謝の礼拝を守りました。
ホサナでも、幼児組の子ども達が先日さつまいもの収穫を体験してきたばかり。
讃美歌「ありがとう」
♪あかいリンゴ きいろのバナナ
 みどりのメロン むらさきぶどう
 かみさまおいしい くだものありがとう

 あかいトマト きいろのコーン
 みどりのピーマン むらさきなすび
 かみさまおいしい やさいをありがとう♪
みんなで、神さまに「ありがとう」と感謝のお祈りをしました。
礼拝の後に、みんなで おにぎりと豚汁のクッキングをしました。
イチゴ(2歳児)組は、キノコちぎり
アップル(3歳児)組は、大根の皮むき。
オレンジ(4歳児)組は、人参の皮むきと包丁。
パイナップル(5歳児)組は、白菜、大根、油揚げなどを切り、こんにゃくをスプーンでちぎりました。
具だくさんの豚汁は、とっても美味しかったです。

<園長 野澤ひらく>

※収穫感謝礼拝
アメリカでの感謝祭のはじまりはいろいろな説がありますが、そのひとつに1960年9月、帆船メイフラワー号に乗った清教徒たちのお話しがあります。イギリスを発った彼らは、新天地となるアメリカ東海岸にたどり着いたものの、すぐに厳しい冬を迎えたことで生活は困難を極めました。そこを先住民達に助けられ、半数が生き延びることができ、翌年には教えてもらった農作物の作り方で無事収穫を上げることができたことから、自分達を助けてくれた先住民を招待し、神の守りに心よりの感謝を捧げたのが始まりという説があります。

2017年11月17日金曜日

「見て!見て!わたしのお弁当!」

YMCAあつぎ保育園ホサナ・イチゴ組の「お弁当の日」

今日はみんなが楽しみにしていた「お弁当の日」。イチゴ(2歳児)組の子ども達は初めてお外で食べる「お弁当の日」です。
お弁当を食べに出かけた公園に着く前から、「早くお弁当、食べたいなぁ!」と言う子ども達。
公園でひと遊びした後は、まず近くの消防署までお散歩。消防士さんが消防車を子ども達に見せてくれました。
おうちで作ってくれたお弁当箱を大喜びで開ける子ども達。季節が進んで少し冷たくなってきた風も気にすることなく、パクパク食べていました。
「見て!見て!わたしのお弁当!」と、リーダーにも嬉しそうに中味を見せてくれました。

<イチゴ組担任 杉﨑賢輔>